「看護の日」「看護週間」

趣旨

21世紀の高齢化社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、広く国民が分かち合うことが必要です。このことを老若男女を問わずだれでも認識するきっかけとなるように、「看護の日」が制定されました。

「看護の日」制定の経緯

'90年8月「看護の日の制定を願う会」が、旧厚生大臣に要望書を提出。
同年12月、旧厚生省は5月12日を「看護の日」に制定することを決定しました。

「看護の日の制定を願う会」のメンバー(敬称略)
秋山ちえ子、石川美代子、高久史磨、高原須美子、橋田壽賀子、日野原重明、柳田邦男、吉武輝子、吉利和
発案・呼びかけ人 中島みち

5月12日の由来

近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日に制定されました。1965年から、国際看護師協会(本部/ジュネーブ)は、この日を「国際看護師の日」に定めています。

「看護の日」普及

「看護の日」2018

北海道「看護の日」及び「看護週間」実行委員会が主催する「看護の日」の普及啓発でJRタワー札幌ピラービジョン(JR札幌駅と地下鉄札幌駅及び札幌駅前通地下歩行空間)で看護の日をPRしました。

期間:2018年5月7日(月)~5月13日(日)7:00~23:00

放映イメージ

支部の「看護の日」イベントの紹介

準備中