「看護の日」「看護週間」

趣旨

21世紀の高齢化社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、広く国民が分かち合うことが必要です。このことを老若男女を問わずだれでも認識するきっかけとなるように、「看護の日」が制定されました。

「看護の日」制定の経緯

'90年8月「看護の日の制定を願う会」が、旧厚生大臣に要望書を提出。
同年12月、旧厚生省は5月12日を「看護の日」に制定することを決定しました。

「看護の日の制定を願う会」のメンバー(敬称略)
秋山ちえ子、石川美代子、高久史磨、高原須美子、橋田壽賀子、日野原重明、柳田邦男、吉武輝子、吉利和
発案・呼びかけ人 中島みち

5月12日の由来

近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日に制定されました。1965年から、国際看護師協会(本部/ジュネーブ)は、この日を「国際看護師の日」に定めています。

「看護の日」普及

「看護の日」2018

北海道「看護の日」及び「看護週間」実行委員会が主催する「看護の日」の普及啓発でJRタワー札幌ピラービジョン(JR札幌駅と地下鉄札幌駅及び札幌駅前通地下歩行空間)で看護の日をPRしました。

期間:2018年5月7日(月)~5月13日(日)7:00~23:00

放映イメージ

支部の「看護の日」イベントの紹介

札幌第1支部

場所
イオン札幌桑園ショッピングセンター 1階
内容
 血圧・肺年齢・血管年齢の測定、健康相談を行いました。参加くださった市民の方より「しばらく健康診断を受けていなかったので非常に参考になった」「食生活に気を付けよう」「血管年齢、肺年齢の検査は初めてだったのでやってよかった」などの感想をいただきました。

札幌第4支部

場所
イオン札幌元町ショッピングセンター 1階
内容
 健康相談コーナーでは、血圧・酸素飽和度・体脂肪・握力測定を実施し個別に生活習慣病の予防についてお話ししました。1時間半の間にのべ190人の方が訪れ、担当の看護師・保健師・助産師と笑顔で談笑されていました。
 ちびっこナースの記念撮影会には18名のお子さんが来てくれました。白衣姿でポーズをとるお子さんをポラロイドで撮影した写真をお渡ししています。かわいいちびっこナースに担当委員たちも「ほっこり」させられました。
 その他、看護の日グッズ(ばんそうこう、付箋、ボールペン、ハンカチ)を配布し「看護の日」の日をアピールできました。

ちびっこナース撮影会

健康相談コーナー

室蘭支部

場所
ショッピングモール モルエ中島店
内容
  1. まちの保健室(血圧測定・健康相談など)
  2. ちびっ子ナース記念撮影会
  3. 生活習慣病に関するパンフレットの提供
  4. 健康ビデオの上映
*毎年、「看護の日」は地域の方々と触れ合う大切なイベントとなっています。
 ミニオンに「記念撮影」をすすめられ、照れながらも白衣姿にご満悦のちびっ子達。
 馴染みの顔に、安心して病気のことや薬について相談をする高齢者の姿がありました。
 市民の皆さんに、テーマである「看護の心をみんなの心に」を伝えられた機会になったのではないでしょうか。

血圧測定後に健康相談等を
受けました「三職能による
"まちの保健室"開催」

着ぐるみ姿でパンフ・
グッズ配布「看護の日ア
ピール隊は大活躍!」

日高支部

場所
イオン静内店
内容
 日高支部は、5月13日(日)10時から3時間、健康相談会と普及啓発活動を行いました。健康相談会では、血圧測定の他、血管推定年齢ダイナパルスを行いました。昨年同様多くの方が訪れ、リーフレットやグッズ等を配布しPRする事が出来ました。

上川南支部

場所
イオンモール旭川西
内容
11:00~14:00 イベント(健康チェック・体験・メモリアルコーナーなど)
12:00~13:00 ゴスペルコンサート(The Soul Expression)
 上川南支部では、「看護のこころを歌にのせて」をテーマに、二プロ株式会社のイメージキャラクター"元気くん"の協力のもと健康チェックや疑似体験など4つのイベントを常設しました。メモリアルコーナーでは、未来の看護師さん、お医者さんが白衣や聴診器、母の日もあり花束を持ってポーズをとる姿に気持ちがほっこりしました。さらにゴスペルコンサートでは、22名の壮大な歌唱力により、居合わせた方々に癒しの空間を与え、大盛況の中、457名の参加者の来場をいただき終了することができました。

未来の看護師さんと元気くん

The Soul Expressionのみなさん

上川北支部

場所
イオン名寄ショッピングセンター
内容
 血圧測定・栄養相談・ちびっ子ナース写真撮影・手洗い体験・栄養補助食品配布
 市内の大学生による血圧測定、ちびっ子ナース写真撮影は好評で、親子の笑顔を沢山頂きました。
 今年度初めての試みで、感染管理認定看護師による手洗い体験は多くの来場者から興味を持っていただき実際に体験された方は洗い残しが多いことに驚いていました。
 来場された方々から健康相談や栄養補助食品についての質問などもあり、地域の方々とふれあえる機会になり楽しい時間でした。

北網支部

場所
東武イーストモール端野店
内容
 5月12日に「ふれあい看護デイ」を開催しました。血圧測定、健康相談、パンフレットの配布を行いました。血圧測定では、普段測る機会が少ない方にとっては健康を意識する良い機会となりました。また日常生活習慣で気になっていることの相談やアドバイス、疾病予防のためのパンフレットを受け取っている様子が見られました。
 来場者は健康チェックを行い、真剣に話を聞いており、自身の健康状態や生活習慣病の予防に関心を持っている人が多いと感じました。買い物帰りに気軽に健康相談ができ、生活習慣を見直すことができる素敵なイベントとなりました。

風船を配り子供から
大人まで賑わいました

釧路支部

場所
イオン釧路店 光の広場
内容
 地域住民の皆様へ「看護職の仕事」についてPRすることを目的に5月12日(土)に看護の日のグッズ配布・血圧測定・血糖測定と糖尿病看護認定看護師等による健康相談を行いました。
 「本日が看護の日」であることや血圧・血糖測定の実施を伝えると、年代を問わず関心を示され、それぞれ約60名の方が参加して下さいました。糖尿病看護認定看護師・糖尿病療養指導士が生活習慣のチェックや健康相談ではパンフレットを片手に真剣に話を聞く姿もありました。

根室支部

場所
市立根室病院
内容
 今年度は、「ふれあい看護体験」を小学生・中学生・高校生を対象として3回に分けて実施しました。小学生13名・中学生6名・高校生8名計27名の参加でした。内容は、白衣・キャップを身につけ、患者さんとコミュニケーションをとりながら足浴や手浴。車椅子やストレッチャーの乗車体験や血圧測定・心電図モニター等の体験を実施しました。正しい手洗いの方法等も体験し他に進路相談などを実施しました。